So-net無料ブログ作成
検索選択

読売ジャイアンツの野球賭博を考察する [プロ野球]

ここまで大きくなってしまった読売ジャイアンツ野球賭博他を考察したいと思う。

事件発覚から現在までの流れ

【2015年】
9月30日:福田の借金の取り立てに、A氏(現・不動産会社の社員)の男がG球場にくる
10月5日:福田の野球賭博への関与を球団が発表
※ここからNPB調査委、読売巨人軍は調査を開始

10月21日:メール調査により、笠原・松本両名の関与も判明

※調査委の報告書によると、野球賭博に誘ったのはB氏(飲食店経営者)
※2軍選手へのヒアリングは杜撰だったという報道あり
(NPB・巨人は、法的強制力のない「調査」しか行えないことに留意されたい)

11月9日:巨人は3選手との契約を解除、原沢敦は引責辞任
[全選手に対するヒアリングの結果]
・3選手は、野球賭博以外に裏カジノに出入りしていた
・トランプ、麻雀などの賭博に(3人を除く)8名が関与していた

11月10日:熊崎コミッショナーは、野球協約から3選手を失格選手とした
※失格選手:NPB、MLB、韓国リーグなど協定を結ぶリーグで最低5年はプレーが許されない

※この問題を受け、3選手に対し警視庁が任意の事情聴取を行っていたことが判明
※「賭博罪」に当たるかどうか慎重に調査しているとのこと


【2016年】

3月8日:高木京介が新たに野球賭博に関与していたことが判明、謹慎処分
    :野球協約に違反したとして、NPBに告発

[週刊文春によるリーク]
・週刊文春3月10日号(3月3日発売)により、T氏が野球賭博に関与していると報道
・同日(3月8日)では、Web上で実名報道

3月11日:渡辺、白石、桃井がそれぞれ引責辞任


まあこの間にも清原和博氏の覚醒剤所持や使用で逮捕もありましたし、

件の野村貴仁氏が巨人主力選手がグリーニー使用していた告白なんてのもありましたね。

今回のことを思うと

読売ジャイアンツ最高顧問だかの

ナベツネ

ナベツネ.jpeg

が表向きに責任とって辞任と称して

わしゃ関わりたくない知らんで

見事に逃亡しましたね。www

たかが巨人の選手の不祥事から

現実逃避はメシウマものでありますね。

駄菓子菓子

これでそう簡単に幕引きになるわけないと睨んでいます。

なったら面白みないしね。

この後も


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。