So-net無料ブログ作成
検索選択

いち横浜大洋ホエールズファンとしてお悔やみ申し上げます。 [横浜大洋銀行]

盛田幸妃さん死去 45歳、がん 16日自宅で永眠

 横浜(現DeNA)、近鉄でリリーフとして活躍した盛田幸妃氏が16日、横浜市内の自宅で死去した。45歳だった。詳細は明らかにされていないが、ここ数年はがんで入退院を繰り返すなど、闘病生活が続いていた。盛田氏は現役時代に脳腫瘍の摘出手術を受けながら復活し「奇跡のリリーバー」と呼ばれた。
 
 「奇跡のリリーバー」が、永遠の眠りについた。16日午前、横浜市内の自宅で家族にみとられたという。ここ数年は、がんで入退院を繰り返す闘病生活が続いていた。
 
 病気と闘った人生だった。近鉄時代の98年に脳腫瘍の摘出手術を受けた。復帰は危ぶまれていたが、懸命のリハビリで克服して翌99年に1軍マウンドに戻った。01年にはファン投票で球宴に選出されて「カムバック賞」を受け、リーグ優勝にも貢献した。右足首に後遺症がある中、02年で引退するまで投げ続けた。
 
 引退後は評論家として活躍するも、がんで闘病生活を余儀なくされた。度重なる手術や治療に追われながらも、持ち前の明るさは失わず人前では病気を笑い飛ばしていた。指導者として現場復帰する夢を持ち、病気と闘うモチベーションにしていた。ブログに自らの病状を記し、病気に苦しむ人にエールを送ることも多かった。ただ、ブログも昨年4月26日が最後の更新で、入院の報告をした上で「何とか、生きます 心配かけてすみません またね」と結んでいた。
 
 盛田氏は92年に主に中継ぎながら規定投球回に到達し14勝6敗2セーブ、防御率2・05で最優秀防御率のタイトルを獲得した。抑えの佐々木主浩氏(日刊スポーツ評論家)へつなぐ役目を担い「ダブルストッパー」として人気を博した。シュートを武器に打者の胸元へ強気に攻める投球スタイルは、時に死球騒動を起こすほど徹底していた。
 
 私生活では豪快に酒を飲み、ジョークを口にして周囲を笑わせた。盛田氏の周りは笑顔が絶えなかった。この日もかつてのチームメートが自宅を訪れ、盛田氏との別れを惜しんだ。
 
 ◆盛田幸妃(もりた・こうき)1969年(昭44)11月21日生まれ。北海道茅部郡鹿部町出身。函館有斗(現函館大有斗)時代に春夏合わせて3回甲子園に出場。87年ドラフト1位で大洋(現DeNA)入団。シュートを武器にリリーフに回った92年は最優秀防御率を獲得した。96、97年開幕投手。97年12月、中根仁とのトレードで近鉄移籍。98年9月、左頭頂部にできた脳腫瘍の手術を受け、01年6月13日ダイエー戦で1082日ぶり勝利を挙げた。同年カムバック賞受賞。02年限りで引退した。オールスター出場3度。現役時代は186センチ、89キロ。右投げ右打ち。94~97年の登録名は「幸希」の字を使った。


有名な話としては 

漁師の父親が漁船で盲腸に苦しんでいるときに

大洋漁業の船がヘリコプターをチャーターして

命を救われたエピソードがありましたね。

他のネタは

517DR47N03L__SX320_BO1,204,203,200_.jpg

この本の一部で面白いこと書いてましたね。

一部ネタバレ

暗黒時代の大洋にドラフト会議で

長島一茂の外れ一位で指名を受ける

そのときの記者会見の髪型が

パーマ姿じゃやばいから修正して来い。

と言われてなんか謎な髪型だったのが笑えましたwww 

後は大魔神佐々木と

夜のダブルストッパー

として活躍していましたね。

引退試合のオリックス戦に先発して

最後の相手が同じ年に入団した

進藤達哉選手(ドラフト外入団)を

三球三振に討ち取ったシーンは忘れません。

一度あるところでお会いしたことありましたが

大酒のみで上から目線な感じでしたけど

良い兄貴分なお人でした。

お悔やみ申し上げます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。