So-net無料ブログ作成
検索選択

Windows10について(序章) [Windows10]

今回からWindows10を少しずつ取り上げて行きたいと思う。

Windows7/8/8.1ユーザーは7/29よりWindows10へ無償アップデートが可能になっています。
(注意点としてはOS自体が無償ではなく、アップデートが無償と言うことを協調しておく)

Windows10お誘い2.jpg

8月1日からはボリュームライセンス契約で利用可能なEnterpriseとEducationおよびDSP (Delivery Service Partner) 版
9月4日には新規インストールが可能なリテール版が発売されました。

一体今までと何が違うのと皆さん思いますよね。

今回はWindows10の特徴を挙げていきます。

一番の特徴は

今までのWindows OSと違い

次のOSへのバージョンアップがない

年に数回のOSアップデートを行うとMicrosoft社が発表しています。

簡単に言えばWindows10にアップグレードした後は

使っているパソコンがぶっ壊れるまで使えますよ。

となりますかね。

次はWindows10のハードウェア環境になります。

Microsoft社の見解は

最新のOS:お使いのデバイス上で、Windows 7 Service Pack 1 (SP1) または Windows 8.1 Update が動作していること。

プロセッサ:1ギガヘルツ (GHz) 以上のプロセッサ

メモリ:32ビット版では1GB、64ビット版では2GB

ハード ディスクの空き領域:32ビット版OSでは16 GB、64 ビット版OSでは20GB

グラフィックス カード:DirectX 9 以上 (WDDM 1.0 ドライバー)

ディスプレイ (画面解像度): 800x600

となっております。

駄菓子菓子これは

あくまでも最低条件なので

鵜呑みにしてはいけません。

メーカー側の見解としては

最新のOS:お使いのデバイス上で、Windows 7 Service Pack 1 (SP1) または Windows 8.1 Update が動作していること。

プロセッサ:1ギガヘルツ (GHz) 以上のプロセッサ

メモリ:32ビット版では1GB、64ビット版では2GB

ハード ディスクの空き領域:32ビット版OSでは16 GB、64 ビット版OSでは20GB

グラフィックス カード:DirectX 9 以上 (WDDM 1.0 ドライバー)

ディスプレイ (画面解像度): 1,024 x 600

となっています。

自分の使っているOSバージョンやハードウェア仕様が

解らないって方多いですよね。

それでは簡単に確認できる方法ありますので紹介します。

Windows7を例にします。

左下にある[スタート]を左クリックします。

[プログラムとファイルの検索]のところに

msinfo32←(全て半角。これ重要今後も出てきます)と入力します。

そうしましたら

msinfo32プログラム.jpg

プログラムに[msinfo32]が出てきましたね。

これを左クリックします。

msinfo32.jpg

結果はこれですね。

これで現在のOS状況、プロセッサ、メインメモリの確認は出来ます。

次回はWindows7/8/8.1との比較を揚げていきます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。